Skip to content

Officeにお金を使いたくない方へ(キングソフト無料)

Wrote the 2013年7月 16日

この方法は、大前提として、エクセルの「マクロ」は使えません。
※クラック(海賊版)などの違法な方法ではありませんし、MicrosoftのOfficeとほとんど使い方は同じなのでご安心ください。

 

概要は、通常は何千円かの有料で売られているKingsoft OfficeというMicrosoftのOfficeと互換性のあるソフトの無料版を使うのですが、無料版は日本語版がありません。

日本語版は有料しか売られていません。

無料版のKingsoft Office Suiteというソフトは、英語と中国語しか無いのです。

この無料の英語版を日本語化してしまおうという方法です。

※Excelのマクロが必要な方は有料版かMicrosoftのをご購入ください。

 

「Kingsoft Office Suite 2013 Free」の日本語化

まずヒントをいただいたのはこちらのサイトです。

上記のサイトでは2012のやり方なんですよ。

2012と2013の違いは、Microsoftの2007/2010 Excel形式の「.xlsx」という新しい拡張子にも対応しているかどうかが大きな違いです。

 

手順 1

まず、日本語の通常体験版をダウンロード→インストールしてください。

(2013なら下記どちらでも可)
公式サイト
公式サイトのダウンロードURL
当ブログからすぐにダウンロード
※ウイルス検査をしていますが、これを使用して如何なることがございましても私は法的にも一切責任を負いません。自己責任でお願いいたします。

 

手順 2

そしてインストールが終わったら、
C:Program Files (x86)/Kingsoft/Kingsoft Office にアクセスして「help」「ksee」「media」
C:Program Files (x86)/Kingsoft/Kingsoft Office/Office6 にアクセスして「1041」
の4フォルダを別の場所にコピーしておきます。
これで日本語版は用済みなので無料の英語版をインストールします。

 

手順 3

無料の英語版をダウンロード

(2013なら下記どちらでも可)
公式サイト
当ブログからすぐにダウンロード
※こちらもウイルス検査をしていますが、これを使用して如何なることがございましても私は法的にも一切責任を負いません。自己責任でお願いいたします。

日本語版を最初にアンインストールしますか?と聞かれるので「はい」を押してアンインストールを実施します。
(Your system has already installed Kingsoft Office 2013 Do you want uninstall it first?)

アンインストール時、
「将来再度使用するときのため、Kingsoft Office 2013 詳細設定を保留します。」
チェックを入れて「閉じる」を押します。

自動で無料英語版のインストールが始まるのでインストール。

インターフェイスの選択は2013のブラック?が選択されていると思うので、何も変えないでOKを押せばいいと思います。

 

手順 4

そしてインストールが終わったら、
C:Program Files (x86)/Kingsoft/Kingsoft Office にアクセスして「help」「ksee」「media」
C:Program Files (x86)/Kingsoft/Kingsoft Office/Office6 にアクセスして「1041」
を、先ほどコピーしておいたものを持ってきて「help」「ksee」は上書きします。

また、C:Program Files (x86)/Kingsoft/Kingsoft Office/office6/1033 の中にある
「etlgy.lng」
「kde.lng」
「kso.lng」
「ksomisc.lng」
1041フォルダ内に上書きします。

 

手順 5

次に、C:Program Files (x86)/Kingsoft/Kingsoft Office/Office6/res 内にある「common.kuip」を削除します。

 

手順 6

そして最後の仕上げです!

「Windowsキー」+「R」を同時押しで「ファイル名を指定して実行」を起動します。

小窓が出てきますので、「regedit」と入力してOKを押します。

コンピュータHKEY_CURRENT_USER/Software/Kingsoft/Office6.0/Common/Local

にある「UILanguage」を開きます。

10進数を選択して「1041」に変更して「OK」を押します。

同じように「HelpLanguage」も10進数を選択して「1041」に変更して「OK」を押します。

 

これで、 少し条件付きですがMicrosoftで言う、ワード、エクセル、パワーポイントが使えるようになりましたね!

↓クリックするだけ応援お願いします(>_<)↓
  

この記事を共有

  • Delicious
  • Digg
  • Newsvine
  • RSS
  • StumbleUpon
  • Technorati
  • Twitter

類似の投稿

コメント一覧

  1. 666 10月 22, 2014

    手順4の、

    そしてインストールが終わったら、
    C:Program Files (x86)/Kingsoft/Kingsoft Office にアクセスして「help」「ksee」「media」
    C:Program Files (x86)/Kingsoft/Kingsoft Office/Office6 にアクセスして「1041」
    を、先ほどコピーしておいたものを持ってきて「help」「ksee」は上書きします。

    ここの文の意味がわかりません。
    「help」「ksee」は上書き、するとして、「media」はどうするのでしょうか?

    • 縁マトリクス 10月 22, 2014

      666さん

      コメントありがとうございます。
      mediaはC:Program Files (x86)/Kingsoft/Kingsoft Officeに無いので上書きにはならずにそのまま放り込むだけです。

      • 666 10月 30, 2014

        緑マトリクスさん

        あ!なるほど!そういう事ですね。回答ありがとうございます!

トラックバック

この記事にはまだトラックバックがありません。

コメントを書く

Required

Required

Optional

できればクリックお願いします(>_<) →  

Ads by Google